シューマンおたく学会 >  シューマンおたく学会ニュース  > ティル・フェルナー、シューベルトを語る(毎日新聞のインタビュー記事)
ティル・フェルナー、シューベルトを語る(毎日新聞のインタビュー記事)

Monday, Mar 27, 2017

ピアニストのティル・フェルナーがシューベルトについて語っているインタビュー記事が毎日新聞のウェブサイトに掲載されています。短めの記事ですが、シューベルトの歌曲のピアノパートの話題やシューベルトとベートーヴェンの対比など、重要な話が出てきます。ウィーン出身のフェルナーがシューベルトの伝統を感じるかと問われ「今それを感じることはない」「シューベルトは生前、ほとんど演奏も出版もされなかったので、シューベルトの伝統というのは、受け継がれることはなく終わってしまった」と答えるところなど、なるほど、そういう考え方もあるのかと興味深く読みました。まだしばらくはウェブで読めるでしょうから、ご興味ある方は下記URLからご覧ください。

Interview ティル・フェルナー 歌曲からの再発見 シューベルト、語るピアノパート(梅津時比古)
(毎日新聞 2017年3月21日 東京夕刊)


なお、この記事によれば、フェルナーには「今秋から2年かけてシューベルトのピアノソナタのシリーズ公演を日本をはじめ、世界各地で行う計画」があるとのこと。先月、浜離宮朝日ホールで聴いたパドモアとの「冬の旅」での共演がとてもすばらしかったので、秋からはじまるシューベルトのシリーズも楽しみです。








226 times.