シューマンおたく学会 >  シューマンおたく学会ニュース
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

Tuesday, May 09, 2017

少し前に日経サイトに伊藤恵さんの動画とインタビュー記事が2週にわたって掲載されました。ツイッターでは既にお知らせしましたが、日経のYouTubeのチャンネルにも動画がアップされましたので、改めて、こちらに情報をまとめておきます。


NIKKEI STYLE(日本経済新聞) ビジュアル音楽堂

ピアニスト伊藤恵と作曲家(前編)ベートーベン
(2017.4.1.土)




ピアニスト伊藤恵と作曲家(後編)シューマンとシューベルト
(2017.4.8.土)




【前編】




【後編】



当サイト内関連記事
伊藤恵さん、シューマン「クライスレリアーナ op.16」を27年ぶりに再録音(2017年4/5発売予定)



Monday, Mar 27, 2017

ピアニストのティル・フェルナーがシューベルトについて語っているインタビュー記事が毎日新聞のウェブサイトに掲載されています。短めの記事ですが、シューベルトの歌曲のピアノパートの話題やシューベルトとベートーヴェンの対比など、重要な話が出てきます。ウィーン出身のフェルナーがシューベルトの伝統を感じるかと問われ「今それを感じることはない」「シューベルトは生前、ほとんど演奏も出版もされなかったので、シューベルトの伝統というのは、受け継がれることはなく終わってしまった」と答えるところなど、なるほど、そういう考え方もあるのかと興味深く読みました。まだしばらくはウェブで読めるでしょうから、ご興味ある方は下記URLからご覧ください。

Interview ティル・フェルナー 歌曲からの再発見 シューベルト、語るピアノパート(梅津時比古)
(毎日新聞 2017年3月21日 東京夕刊)


なお、この記事によれば、フェルナーには「今秋から2年かけてシューベルトのピアノソナタのシリーズ公演を日本をはじめ、世界各地で行う計画」があるとのこと。先月、浜離宮朝日ホールで聴いたパドモアとの「冬の旅」での共演がとてもすばらしかったので、秋からはじまるシューベルトのシリーズも楽しみです。









Thursday, Oct 20, 2016

「月刊ショパン」2016年11月号 No.394
(第33巻第11号通巻394号)
http://www.chopin.co.jp/month/
バックナンバー



特集「幻想と情熱の世界へようこそ! シューマンのピアノ作品」
ピアニストが選ぶ シューマンピアノソロ曲ランキング
シューマンの生涯(高久暁)
シューマン ピアノ練習秘話 その真相は?(萩谷由喜子)
シューマンピアノ主要作品(西原稔)
「過去の音楽」に見るシューマンのピアノ室内楽曲とその魅力(高松佑介)
ピアニストが語るシューマンのピアノ協奏曲(梅村知世)
シューマンの時代のフォルテピアノ(小倉貴久子)
歴史の荒波に漕ぎ出す──文筆家シューマンの冒険(堀朋平)
シューマンを聴くならこれ! おススメCD選(道下京子)







Wednesday, Sep 07, 2016

毎日新聞が過去の紙面から1957年(昭和32年)のギレリス初来日の時の記事をウェブ版にまとめて掲載しています。何しろ昔の話ですので、書いてあることに驚く部分もあるのですが、「読み物」としてもなかなかおもしろいのでご紹介します。3回に分けて掲載されました。PCからの閲覧の場合、登録が必要な場合があります。無料で読めるのは1か月10本までという本数制限がありますのでご注意ください。(スマートフォンやタブレットからは見ていないので、同じような制限があるかどうか不明)

以下、ツイッターでご紹介した内容をまとめました。






























Wednesday, Sep 07, 2016

ピアニストの小倉貴久子さんのフォルテピアノの演奏とお話によるシューマン関連の動画が日経の "NIKKEI STYLE" に前編・後編の2回に分けて掲載されています。それぞれ短い動画ながら、その短さを感じさせない充実の内容。お話の聞き手と記事の執筆は池上輝彦氏です。

ツイッターではこのウェブサイトに掲載された時にご紹介しましたが、こちらではまだご紹介しておりませんでしたので、ご覧になっていない方はぜひどうぞ。
NIKKEI STYLE:ビジュアル音楽堂

19世紀ピアノで弾くシューマン 小倉貴久子さん(前編)ロマン派の音色 (2016.7.30)

19世紀ピアノで弾くシューマン 小倉貴久子さん(後編)愛の暗号 (2016.8.6)







シューマンの時代のピアノでシューマンの作品を弾くことについて、簡潔にかつ明快に説明されています。(いつもながら、小倉さんのお話は論理的で明晰です。)

イギリス式アクションとウィーン式アクションのフォルテピアノは響きがどう違うのか、実際に弾き比べをしているところは「動画ならでは」といったところで、とても興味深く拝見しました。












この記事で紹介されている小倉貴久子さんのCD
星の冠(シュテルンビルト) ~ロベルト&クララ シューマン~



小倉貴久子さんのウェブサイト


当ニュースの関連記事
小倉貴久子さんのシューマン夫妻リサイタル(演奏動画あり) (2014.10.3)
ピリオド楽器によるシューマン夫妻の演奏会 - 浜松/東京 (続報) (2008.3.2)


Thursday, May 19, 2016

明日(5月20日)が没後120年の命日にあたるクララ・シューマンの特集記事が「月刊ショパン」6月号に掲載されました。(小曽根さんの表紙の号です。)

「月刊ショパン」

バックナンバー購入ページ






(´-`)。o0(ツイートした写真のサイズがやや大きすぎましたね。。。


Sunday, Jan 17, 2016

ツイッターでご紹介したものをまとめました。
記事の全文閲覧にはログインが必要です。登録は無料です。


朝日新聞デジタル
ロマン派の小品、つぶやきのように アンドレアス・シュタイアー公演
2016年1月13日16時30分 (吉田純子)

「大きなホールでの演奏を前提とした現代のピアノは、音量においても音色の多彩さにおいても表現の可能性を飛躍的に押し広げた。しかし、音楽にとって最も大切なカンタービレ(歌心)が犠牲になった」

「時代を超える音楽の本質は、メランコリー(憂鬱〈ゆううつ〉)やリリカル(叙情的)といったこまやかな感情にある」

「響きの『再現』が狙いではない。時代の風景へと聴く人を導き、自由に物語を紡いでもらいたい。私自身、ひとつの時代背景を追究するほどに自由になる感覚がある。ここに古楽の本質がある」


朝日に掲載された写真 (2015年12月8日 トッパンホール)
シュタイアーは1887年製 NYスタインウェイを演奏しました。

2015年 12/8(火) 19:00開演 トッパンホール
〈アンドレアス・シュタイアー プロジェクト 9〉
アンドレアス・シュタイアー(ピアノ)

シューベルト / 4つの即興曲 op.90, D899 より 第1番 ハ短調
シューベルト / 4つの即興曲 op.142, D935 より 第2番 変イ長調
シューマン / 幻想小曲集 op.12
シューベルト / 楽興の時 op.94, D780 より
          第1番 ハ長調
          第2番 変イ長調
          第3番 へ短調
ブラームス / 6つの小品 op.118

(アンコール)
シューベルト / 楽興の時 op.94, D780 より 第6番 変イ長調
http://www.toppanhall.com...


衛星デジタルラジオの MUSIC BIRD でこのリサイタルのライヴ録音の放送があるそうです。

2016年 3/27(日) 22:00~24:00
「トッパンホール・トライアングル」
http://www.toppanhall.com...
http://musicbird.jp...

(´-`)。o0(うちでは聴けませんね。。。



Sunday, Jan 17, 2016

ツイッターでご紹介したものをまとめました。

中日新聞
音楽:「室内オケの魅力 もっと」 ミンコフスキ氏が抱負
OEKの5代目首席客演指揮者
「フランス音楽 続けたい」

2016年1月9日 (鈴木弘)

(OEKプリンシパル・ゲスト・コンダクター就任披露演奏会にシューマンを選んだ理由)
「私自身ハイドンやモーツァルト、ベートーベン、シューベルトなどの全曲演奏は経験があるが、シューマンはなかった。金沢のためにとっておいた(笑)」

「シューマンはもちろん素晴らしい作曲家で、四曲の交響曲には室内楽的な要素も大きなオーケストラの要素も含まれている。全曲演奏が日本では多くないというのも選んだ理由だ」





Saturday, Jan 16, 2016

2月にトッパンホールで行われるシューマン・プロジェクトに出演するピアニストのティル・フェルナーがトッパンホールの情報誌「トッパンホールプレス」に寄稿しています。

フェルナーの寄稿文の下にはオーボエのラモン・オルテガ・ケロの話題が掲載されています。ケロのリサイタル(ピアノ:島田彩乃)も前半は濃いシューマン・プログラムです。(ヴァイオリン・ソナタ第1番のオーボエ版!)

トッパンホールプレス Vol.81 (2016.01) PDF


トッパンホール
ティル・フェルナー シューマン プロジェクト

2016年 2/16(火) 19:00 I ソロ
シューマン / 蝶々 op.2
ベリオ / 5つの変奏曲
ベートーヴェン / ピアノ・ソナタ第13番 幻想曲風ソナタ 変ホ長調 op.27-1
シューマン / 幻想曲 ハ長調 op.17

2016年 2/18(木) 19:00 II with マーク・パドモア
シューマン / 5つの歌曲 op.40
ハンス・ツェンダー / ジャン・パウルの詩による2つの歌(新作)
ベートーヴェン / 連作歌曲集「遥かなる恋人に寄す」 op.98
シューマン / 歌曲集「詩人の恋」 op.48
http://www.toppanhall.com...



トッパンホール
ラモン・オルテガ・ケロ(オーボエ)
2016年 2/23(火) 19:00

ピアノ:島田彩乃

シューマン / アダージョとアレグロ op.70
シューマン / 3つのロマンス op.94
シューマン / オーボエ・ソナタ第1番 イ短調 Op.105 (原曲:ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ短調 op.105)
ラヴェル(ケロ編曲) / 組曲「クープランの墓」
パスクッリ / 歌劇「ポリュート」の主題による幻想曲
http://www.toppanhall.com...

【問い合わせ】
トッパンホールチケットセンター 03-5840-2222
http://www.toppanhall.com/


Wednesday, Dec 30, 2015




  (ここに転載するのを忘れていましたね…

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»