たぶんホームページ >  ととろお三籟日記  > 月々の演奏会のいちらん
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 38 | 39 | 40 || Next»

Wednesday 01 November, 2017

備忘録的インデックス。


●3/10(金) 紀尾井ホール
辻彩奈 ヴァイオリン・リサイタル

辻彩奈(ヴァイオリン)
江口玲(ピアノ)

シューマン / ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ短調 op.105
ストラヴィンスキー / デュオ・コンチェルタンテ
ショーソン / 詩曲 op.25
---
イザイ / 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番 ホ短調 op.27-4
プロコフィエフ / ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ヘ短調 op.80

(アンコール)
クライスラー / 中国の太鼓
クライスラー / 美しきロスマリン

http://www.kajimotomusic.com...

※江口さんのピアノはこのところ江口さんの演奏会や録音に度々使われているローズウッドでした。休憩中、お客さんからピアノについての問い合わせが多かったとのことで、アンコールの前にピアノについての説明がありました。

このCDの録音にも使われたピアノです。











●3/11(土) 紀尾井ホール (14:00)
神戸市室内合奏団 定期演奏会 東京公演
~春。ロマン派交響曲の誕生~

石川星太郎(指揮)
ソフィー=真由子・フェッター(ピアノ)

シューマン / 交響曲 ト短調 WoO 29(ツヴィッカウ)(前田昭雄編)
モーツァルト / ピアノ協奏曲 第17番 ト長調 K.453

(ソリストのアンコール)
スクリャービン / 左手のための2つの小品 より ノクターン op.9-2

---

シューマン / 交響曲 第1番 変ロ長調 op.38(春)

http://www.kajimotomusic.com...

※コンマスは白井圭さんでした。












●3/19(日) 東京オペラシティ リサイタルホール (14:00)
ハンブルク・トリオ
シューマン ピアノ三重奏曲・全曲演奏会 + 四重奏曲&五重奏曲

ハンブルク・トリオ
 塩貝みつる(ヴァイオリン/元ハンブルク国立フィルハーモニー管弦楽団)
 ヴィタウタス・ゾンデキス(チェロ/北ドイツ放送エルプフィルハーモニー交響楽団)
 エバーハルト・ハーゼンフラッツ(ピアノ/ベルリン芸術大学)

ゲスト出演
 遠藤香奈子(ヴァイオリン/東京都交響楽団第二ヴァイオリン首席奏者)
 柳瀬省太(ヴィオラ/読売日本交響楽団ソロ・ヴィオラ奏者)

お話
 奥田佳道(音楽評論家)

シューマン
ピアノ三重奏曲 第2番 ヘ長調 op.80
ピアノ三重奏曲 第3番 ト短調 op.110
ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 op.63

---
ピアノ四重奏曲 変ホ長調 op.47
ピアノ五重奏曲 変ホ長調 op.44


https://tomrie.jimdo.com/

※前半の演奏曲順が変更されました。前半冒頭と後半冒頭に奥田さんの解説あり。













Tuesday 31 October, 2017

備忘録的インデックス。


●2/7(火) トッパンホール
ロナルド・ブラウティハム(フォルテピアノ)

モーツァルト
ソナタ ト長調 K283
ロンド イ短調 K511
ソナタ ヘ長調 K332

-----

ベートーヴェン
ソナタ 第8番 ハ短調 op.13(悲愴)
ソナタ 第18番 変ホ長調 op.31-3
ソナタ 第17番 ニ短調 op.31-2(テンペスト)

(アンコール)
ベートーヴェン / エリーゼのために イ短調

使用楽器:Anton Walterモデル(1800年頃) Paul McNulty(チェコ)2002年制作

※NHKによるテレビ収録あり。

http://www.toppanhall.com/concert...














●2/22(水) 浜離宮朝日ホール
マーク・パドモア&ティル・フェルナー「冬の旅」

マーク・パドモア(テノール)
ティル・フェルナー(ピアノ)

シューベルト / 歌曲集「冬の旅」op.89, D911

http://www.kajimotomusic.com...












●2/24(金) 王子ホール
イザベル・ファウスト、ジャン=ギアン・ケラス
&アレクサンドル・メルニコフ
シューマン[ピアノ三重奏曲全曲]

イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)
ジャン=ギアン・ケラス(チェロ)
アレクサンドル・メルニコフ(ピアノ)

シューマン
ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 op.63
ピアノ三重奏曲 第2番 ヘ長調 op.80

---
ピアノ三重奏曲 第3番 ト短調 op.110

(アンコール)
エリオット・カーター / エピグラム 7番
シューマン / 幻想小曲集 op.88 より 第3番 デュエット

http://www.ojihall.jp/concert...











※検索用キーワード:ブラウティガム


Tuesday 31 October, 2017

備忘録的インデックス。


●2/1(水) 王子ホール

ヤノシュ・オレイニチャク(ピアノ)
エスプリ・ショパン

(オール・ショパン)
ノクターン 第20番 嬰ハ短調(遺作)
ノクターン 第19番 ホ短調 op.72-1
マズルカ イ短調 op.17-4
マズルカ ト短調 op.24-1
マズルカ ハ長調 op.24-2
バラード 第1番 ト短調 op.23
ワルツ 変イ長調 op.69-1
ワルツ ホ長調 WN18
ワルツ 嬰ハ短調 op.64-2
ワルツ イ短調 op.34-2
スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31

-----

ポロネーズ 第3番 イ長調 op.40(軍隊ポロネーズ)
ノクターン 第13番 ハ短調 op.48-1
マズルカ ホ短調 op.41-1
マズルカ イ短調 op.68-2(遺作)
マズルカ 嬰ハ短調 op.30-4
マズルカ 変イ長調 op.17-3
前奏曲 イ長調 op.28-7
前奏曲 ハ短調 op.28-20
前奏曲 ホ短調 op.28-4
ポロネーズ 第6番 変イ長調 op.53(英雄ポロネーズ)

(アンコール)
ピアソラ / オブリビオン
クープラン / 恋の夜鳴き鶯
ショパン / ワルツ 変ロ長調 op.64-1
ドビュッシー / 前奏曲集 第2集 より 水の精


http://www.ojihall.jp/concert/...
http://www.ojihall.jp/topics/encore...













●2/3(金) トッパンホール (12:15)
ランチタイム コンサート Vol.87
毛利文香(ヴァイオリン)「音楽の父」が見た世界

J.S.バッハ / 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004

http://www.toppanhall.com/concert/detail/201702031215.html









●2/5(日) 東京音楽大学 J館スタジオ (14:00)
東京音楽大学ピアノ客員教授
エリソ・ヴィルサラーゼ
ミニ・コンサート&公開レッスン

シューマン / アラベスク op.18
シューマン / 幻想小曲集 op.12
シューマン(リスト編) / 献呈

リスト / スペイン狂詩曲

(アンコール)
モーツァルト / ロマンス

<公開レッスン>
シューマン / パピヨン(蝶々) op.2
受講生:鶴澤 奏
通訳:小賀明子













Wednesday 07 June, 2017

備忘録的インデックス。


●1/8(日) 東京都立庭園美術館 本館大広間 (14:00)
旧朝香宮邸 東京都立庭園美術館 コンサート 2016
第9回 山根一仁 ヴァイオリン・リサイタル

山根一仁(ヴァイオリン)
梅村祐子(ピアノ)

イザイ / 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番
フランク / ヴァイオリン・ソナタ
サン=サーンス / 序奏とロンドカプリチオーソ

(アンコール)
シューベルト / ソナチネから
クライスラー / 愛の喜び







Wednesday 07 June, 2017

備忘録的インデックス。

※これもずっとアップを忘れていた。


●12/3(土) サントリーホール (18:00)
東京交響楽団 第647回 定期演奏会

ジョナサン・ノット(指揮)
ヨハネス・モーザー(チェロ)

ヴァーグナー / 楽劇「トリスタンとイゾルデ」第1幕への前奏曲
デュティーユ / チェロ協奏曲「遙かなる遠い国へ」

(ソリストのアンコール)
バッハ / 無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 から サラバンド

---

シューマン / 交響曲 第2番 ハ長調 op.61


※前半2曲は続けて演奏。



















●12/7(水) 武蔵野スイングホール(武蔵境)
イリア・グリンゴルツ 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル

パガニーニ / 24のカプリース op.1

(アンコール)
バッハ / 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ短調 BWV1003 より
     第3楽章アンダンテ

http://www.musashino-culture.or.jp...


※グリンゴルツのシューマンの室内楽作品集を愛聴してきたが、なかなかご本人の演奏会を聴く機会がなく、念願かなって武蔵野でリサイタルを聴くことができた。期待通り、いやそれ以上。すばらしかった。また東京で演奏会をやってほしいなあ。

武蔵野市民文化会館が改装中のため、武蔵境のスイングホール(180席)での開催。180席とあるが、中に入るとそんなに客席数があるのかなあと思えるほどこじんまりした会場。これはヴァイオリンひとつ(ヴァイオリンってどうやって数えるのだ?本?丁?台?あるいは棹?)だったから、あのサイズの空間でよかったが、ピアノが入ったらちょっとつらかったかもしれない。

このホールにははじめて行ったし、あそこにホールがあったことさえ知らなかった。前世紀、出向先が武蔵境にあったので、しばらく通勤していたことがあるが、自宅からはちょっと遠い。ホールの隣のファミレスは、当時、一緒に出向していた上司とランチを食べに立ち寄った店のひとつ。記憶への郷愁に誘われて(早く着きすぎたこともあり)、開場前にふらっと入って珈琲を飲んだが、まあ、普通にファミレスだった。ホールのすぐ隣にこういう店があるのは便利でいいよなとは思ったけれど。駅が新しくなっていて、当時の記憶とはまったくつながらなかった。こういう感覚は不思議でもあり、何かもやもやするようでもあり。


















●12/17(土) トッパンホール (19:00)
ジャン=クロード・ペヌティエ(ピアノ)
スクリャービン 死の12日前のプログラムを核に
(5/7の振替公演)

スクリャービン /
  前奏曲 変ニ長調 op.35-1
  前奏曲 変ロ長調 op.35-2
  4つの前奏曲 op.37
  前奏曲 ト長調 op.39-3(1903)

ラフマニノフ / 10の前奏曲より 第6番 変ホ長調 op.23-6(1903)

スクリャービン /
  マズルカ ホ長調 op.25-4(1898)
  練習曲 変ロ短調 op.8-7(1894)
  ワルツ 変イ長調 op.38(1903)

シベリウス / 悲しきワルツ(1903)

スクリャービン / ピアノ・ソナタ第3番 嬰へ短調 op.23(1898)

---

リスト / 灰色の雲 S199(1881)

スクリャービン /
  《4つの小品》より〈ニュアンス〉op.56-3(1906-07)
  《4つの小品》より〈やつれの舞曲〉op.51-4(1906)

リスト / 調性のないバガテル S216(1885)

スクリャービン /
  前奏曲 op.74-4
  前奏曲 op.74-1(1914)

シェーンベルク / 6つの小さなピアノ曲 op.19(1911)

スクリャービン /
  2つの舞曲 op.73(1914)
  前奏曲 op.74-2(1914)
  《2つの詩曲》より〈不思議〉op.63-2(1911-12)
  ピアノ・ソナタ第4番 嬰ヘ長調 op.30(1903)

(アンコール)
ドビュッシー /
  「ピアノのために」より サラバンド
  「ベルガマスク組曲」より 月の光

http://www.toppanhall.com/concert...


(以下、ホールから帰った直後に書いた友人あてのメールから抜粋、文体を整えて構成)

※スクリャービンが亡くなる12日前に開いた、最後の自作自演リサイタルの曲目をメインに据え、そこにラフマニノフ、リスト、シェーンベルクが加えられたプログラム。プログラムのセンスが特異で、驚きの連続。ペヌティエは以前にもスクリャービンの最後の自作自演リサイタルを再現する演奏会を開いたことがあるそうだが、それだと時間が少し短いということもあって、今回のようなプログラムになったと当日配布の解説にはあった。

 スクリャービンのソナタ3番までが前半で、途中1度、舞台袖に引っ込んだ以外は続けて演奏。後半もプログラム全体がひとつの大きな作品のように続けて演奏された。リストがいかに先駆的だったか、シェーンベルクが先駆的でありながら、やはりロマン的なものをはらんでいるか、そんな気づきも客席側にいて感じることができた。

 ペヌティエは本番前に会場で弾いて、曲目を変えることがあるときいたことがあるので(前回は当日のリハーサルの後で少し変更された)、今回の曲目は予告通り弾かれるのだろうかと思って出かけた。だが、変更の余地がないほどすべてのピースがぴたりとはまっていた。プログラム全体に何か必然性があると感じられるような自然さがあったし、その流れがすばらしかった。







«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 38 | 39 | 40 || Next»